Le Jardin du Mas | 歴史
795
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-795,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1300,footer_responsive_adv,hide_top_bar_on_mobile_header,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-10.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

“マ・デ・オランジェ”の歴史

450年の年月を経て、”マ・デ・オランジェ”は、ビオット住人の生活の中心にありました。集まってきた当時流行のアーティストには、フェルナン・レジェー、レイモンド・ペイネ、パブロ・ピカソがおります。当館は、さまざまな人に、時を超えた多くの記憶を呼び起こすことでしょう。

Yann Jardin du Mas

ヤン

非凡なキャリアを経て、料理に情熱を注ぐミクソロジスト。
パリでのユニークなキャリアを経て、地元に戻ることを決意、実家の豊かな歴史を知るに至り、その遺産を共有すべく、2014年にレストラン””ジャーダン・デュ・マ””、2016年にゲストルーム””マ・デ・オランジェ””を開く。キッチンで手綱を握る今日、常に食材を大切に、オリジナリティを持って、新しいメニューに挑戦している。